女性の円形脱毛症


スポンサードリンク


円形脱毛症は女性の出産育児が影響する

円形脱毛症女性の出産や育児が大きな影響を及ぼします。

 

子どもを出産した際に、一時的に脱毛が多くなる分娩時脱毛症という症状があります。

 

その症状は、黄体ホルモンの分泌活動が通常よりも活発になり、髪の毛のサイクルが変化することが主な原因です。

 

分娩時脱毛症はおよそ半年で改善されることが多いですが、産後の栄養不足や、育児でのストレスで円形脱毛症になってしまうケースもあるので注意が必要です。
休止期に入って抜けるはずだった髪の毛が、そのまま成長をし続けます。

 

そして子供の出産後にホルモンが通常に戻ると一斉に抜けてしまいます現象です。

 

 

 

 

 

 

出産後脱毛症の主な原因は、妊娠から出産にかけてエストロゲンと呼ばれているホルモンの分泌が変化するためです。

 

出産後脱毛症の大半のケースは、ホルモンバランスが整ってくる出産後6ヶ月程度してから回復していくので、あまり神経質になる必要はありません。

 

体質によっては円形脱毛症が長引くことも稀にあります。独自の判断でステロイドなどを使用せず、信頼できる医師に診てもらい治療してください。

 

 

 

 

 

 

また、結婚など女性にとっての人生の大きな転機は、楽しみな一方、無意識に漠然とした不安を感じている事が多いです。

 

不安などがストレスとなり、女性の円形脱毛症を引き起こすことがあります。

 

このような場合には、環境に慣れてストレスが軽減されれば自然と治るので心配は要りません。

 

ただし軽度の円形脱毛症でも、完全に治癒するまでには大体半年ほどかかります。

 

新たなストレスを溜め込まない生活を維持しつつ円形脱毛症の適切な治療に取り組んでくださいね!

 

以上、円形脱毛症は女性の出産育児が影響するについてでした。

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

円形脱毛症って女性もなるの?
円形脱毛症は男女に関係なく発症する症状で、一般的に男性よりも女性の発症率の方が高いと最近の調査で判明しています。
円形脱毛症は女性も注意!
円形脱毛症は女性も注意しなければいけません。女性の方の円形脱毛症の場合には、過度のストレスが原因と考えられることが多いです。